特殊清掃のラスティック東日本 HOME » 東京板橋区マンション、火事により煤だらけの火災復旧作業

東京板橋区マンション、火事により煤だらけの火災復旧作業

は消えましたが室内の汚れや、臭気お困りではありませんか?

火事後に奥様からご連絡をいただき現調させて頂きました。火元はコンセント部分がひどく焼けていて、お客様が充電器の電池充電中に離れた時、発火したことが出火の原因との事でした。現場を見ていくと、PBボードの穴が開いていて、が回っていることがわかりました。そこで木材の交換も必要な状態でした。したがって解体作業、木部のケレン撤去作業コーティング消臭作業煤清掃ダイオキシンの分解消臭作業をすることとなりました。

火事は短時間でも燃えた場合、1階で燃えた火災でも、3階まで煤だらけになる現場は多くあります。そんな時にまずすべきことは、罹災証明書を1週間以内に申請することと、なるべく多くの火災後の写真を撮ることが必要になります。罹災証明書は保険申請やごみの減免措置各種支援の時に必要になりますので、最初に申請手続きをしてください。

見積無料で対応いたします

火災の復旧作業を考えた時に、まずは金額がわからなくて心配になりますね、しかし弊社では見積りを無料でさせていただきますので、そこは安心してご依頼ください。ごみの片づけ、足場工事、解体作業、火災清掃作業コーティング処理ダイオキシンの分解、消臭作業など対応させていただきますのでご相談ください。

燃えた火災ゴミ,家財の処分方法

火災後のゴミの処分方法は、まずは板橋区の清掃事務所に、罹災証明書を受け取り後にご連絡ください。ごみの処分方法,火災ゴミの減免9割または免除となります。ごみの収集運搬もしてくれることもありますので、ご確認ください。

解体作業

火災後の解体作業

建物の解体作業は、火災の被害状況によりまして,全解体、構造材の木材を差し替えたり、鉄骨補強しながらの解体、部分解体になります。構造材の燃え方がひどい場合には、建物強度を考えて交換する事になります。今回はマンション火災なのでコンクリートの躯体は問題はありませんが、下地木材がすす汚れがありましたので、解体作業となりました。解体後にはコンクリート部分にも煤が付着していましたのでケレン清掃致しました。

煤清掃

目の保護の為ゴーグル使使用

煤は非常に軽く、煤の粒子はとても微粒子の為、上部から飛散に気を付けながら集塵機、薬剤を使用して清掃いたします。そこで防護服やゴーグル、マスクを使用することで、とても暑くて作業は大変ですが、消臭効果を発揮させるためにも隅々の煤を除去します。

オゾンによる消臭とダイオキシンの分解

火災時の煤の焦げ臭い臭気や生活ごみのにおいは、ごみの搬出煤清掃をすることにより、臭気は下がりますが、しかしダイオキシンと残っている臭気を除去するためには、オゾン燻蒸の酸化力による、分解破壊をすることが、臭気やダイオキシンを無くすためには必要です。したがってダイオキシンは目には見えませんが毒性が強く,体内に蓄積される事により体内に長期間残るために大変危険です。そこでリフォーム工事をすれば綺麗にはなりますが、ダイオキシンは消すことができません。

火災によるご相談は、ホームページよりお気軽に御連絡下さい。

ラスティック東日本 対応エリア

対応エリア

ラスティック東日本では、東京・神奈川・埼玉、静岡、東海地方全域に対応しております

対応エリア外でもお気軽にご相談ください

お問い合わせ・無料のお見積りはこちら

お見積り・ご相談は無料です。24時間、年中無休で対応しております
お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡ください
見積り無料で訪問時から施工完了日まで
専属のコンシェルジュが専任で納品完了まで対応致します