特殊清掃のラスティック東日本 HOME » 神奈川県川崎市火災復旧作業、焦げた煤でお困りの方

管理会社や建設会社の現場の臭気が強くてどうすればよいのか?

今回の現場では、管理会社様のご依頼で建設会社様に解体作業をお願いいたしましたが、解体終了後に焦げた臭気が強く、管理会社様よりリフォーム前の消臭をご依頼されました。車で現場に到着し、そこで扉を開きましたら、とても焦げ臭い臭気がとても強く、まずは煤清掃から作業する事に致しました。

作業前の現場状況

天井・壁が酷く焦げていました。
天井や壁が焦げているために臭気が強い

作業前の状況としましては、天井は全体的に焦げていて、プラスターボードの壁も綺麗に見えますが、所々煤が付着し汚れていることによりまして、焦げた臭気が漂っていました。床も全体的に解体したことによる汚れで、で真っ黒に汚れていました。

焦げた所、煤の汚れをケレン、煤清掃作業

ワイヤブラシによるケレン清掃作作業
スクレイパーによるコンクリートの煤撤去

まずは、焦げて煤で汚れた部分を、ワイヤブラシを使用しまして、上部から煤清掃作業をしていきます.火事による熱によるコンクリートの浮いた部分には、スクレイパーを使用しまして撤去コンクリートは剥がして撤去していきました。PBボード部分は消化時の水によるカビが繁殖していましたので、清掃しましてカビの処理もしておきました。

ダイオキシンの危険性

ダイオキシンは自然空間にも存在していて、僅かな量では危険性はありませんが、火災時の不完全燃焼により建材などから大量に発生した場合には、とても毒性が強くなり、体内に入りますと免疫力の低下、ホルモンバランスなどに悪い影響を与えて、蓄積されたダイオキシンは、長期にわたり体内に残ります。

ラスティック東日本 対応エリア

対応エリア

ラスティック東京営業所は関東・中部圏を中心に対応しております。
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県、群馬県、静岡県、山梨県、長野県、愛知県、岐阜県、三重県など。

対応エリア外でもお気軽にご相談ください

上部へスクロール