特殊清掃のラスティック東日本 HOME » 東京板橋区ガレージ火災 真っ黒だけど早く使えるようにしたい

どんなことをすれば、一日でも早く車を戻すことができるのか?

ヒヤリング対応

お客様からは、火災翌日に千代田区で施工中にメールが届きました。

メールには「大至急」とのご依頼でしたのでお電話差し上げました。

現場も遠くなかった為、お客様とは夕方お会いすることになりました。

現場状況

現場につきまして、お客様とガレージ火災現場に行くと火災翌日とあって

まず第一印象としましては、がすごく真っ黒で落とすのも

大変に手間をかけないと、ダメかなという印象でした。

現調した際には臭気も大変に強く、服が焦げ臭くなる程の臭気でした。

お客様のご要望といたしましては

①とにかく早く施工完了させてほしい

②ごみの処分もしてほしい

③臭気も消してください

この3点を特に重要にお考えでしたので、施工中の現場の後に

作業開始することになりました。

私のほうからは、まず罹災証明書をお客様にお話しいたしました。

罹災証明書

お客様は、罹災証明書のことはご存知ありませんでした。

その為板橋区の消防署に予約を取る為入電いたしました。(お客様に予約日に行っていただきました)

次に板橋区の清掃事務所にも連絡を入れまして、

こちらも清掃センターの現調が必要になりますので、予約をし、

ごみの処分法の確認をいたしました。

板橋区ではごみの引き取りに来てくれるので、お客様が外にごみを出して

清掃センター職員の方が家財やごみの処分をしてくださりました。

ごみの処分が終わりましたので、あとは清掃になりますが

今回のご紹介はここまでになります。

火災でお困りの方は、ラスティック迄ご相談ください。。

上部へスクロール