特殊清掃のラスティック東日本 HOME » 静岡県富士市住宅火災・ボヤ煤清掃

住宅火災後の臭気と煤清掃でお困りの方へ

火災後の状況

火災発生後の3日後にお客様よりお見積書のご依頼を

受け、お客様のご予定に合わせ

2日後に現地にお伺いいたしました。

現地に到着し、玄関に入りますとボヤのわりには

とても強い臭気が漂っていました。

そこで、お客様からのご要望をヒアリングしたところ

1.お子様の健康に影響が出ないようにしてほしい

2.室内の煤清掃をしてください

3.この火災臭を無くしてほしい

4.荷物は移動しながら作業してください

よって、お客様からは以上の4点を特に気にしていましたので

スタッフ一同、確認し施工することにいたしました。

煤清掃作業

火災清掃を施工するにあたり

綺麗にするにはどうすればいいか、と言ったご質問もこの仕事を
していたらあります。

煤は大変微粒子のために、普通の掃除機では煤埃

飛散してしまい、見ためには綺麗になっても

壁や天井にまた付着してしまいます。

そこで弊社では、飛散しない集塵機を使用しまして

火災清掃を施工します。

分解煤清掃

煤や臭気の原因物質を取り除くためには

細かいところの清掃はもちろんのこと

さらに、コンセントプレートを外したり、エアコン煤清掃、

換気扇の分解洗浄など、外せるところは外すことで

細かい火災煤を取り除きます。

煤やダイオキシンの体内への影響

さて、ダイオキシンは体にどのような悪い影響を

与えてしまうのかご存知ですか。

自然空間でもダイオキシンはわずかに存在していますが、

とても微量で人体への影響はありません。

ところが、火事によって発生した煤や、不完全燃焼により

ダイオキシンが室内に発生します。

ダイオキシンは自然環境の中では分解されにくい為

火災後に処理をしないと、長期間残留いたします。

体内への影響は、発がん性、生殖毒性、神経毒性などが

報告されています。

次に、煤の体内への影響ですが、煤はとても微粒子の為に

体内に吸い込まれ、その空間にいることで

体内に蓄積されていきます。

肺の奥深くまで入って、呼吸系に悪影響を与えます。

火災時に窒素や硫黄が混ざって燃えた場合には有毒物質や

ダイオキシンも発生いたします。

弊社では独自の技術によりまして

有害物質は化学分解いたします。

上部へスクロール