特殊清掃のラスティック東日本 HOME » 火災現場の清掃や消臭でお困りの皆様へ


「火災現場の後処理、どうしよう」
「自分で清掃するのは難しい、、」

人生で火災に見舞われる機会は、そう多くないため、いざ発生すると対処に困惑される方も少なくありません。

また、火災現場や廃棄物を放置しておくと有害物質の影響により、自分や周りに危険の被害を及ぼす可能性もあります。

煤は特性上簡単には取り切れないため、きちんとした清掃や消臭作業を行う必要があります。


煤(スス)は有害物質の塊です

火災現場には、煤(スス)があちらこちらに充満しています。

煤は触ると黒い色をしており、独特の悪臭を放ちます

また、様々な物質から形成されており、ダイオキシンアスベスト発がん性物質などあらゆる有害物質がたくさん含まれており、私たちへの健康被害も脅かす存在です。

クリーニングを放置したらどうなる?

残念ながら煤を放置しても、汚れや臭いはそのままです。

また、原状回復をしたいがために、清掃作業を怠り、ダイオキシンや煤を放置した状態でリフォーム工事をしても、臭いや有害物質は無くなりません。

そのため、煤は手作業により焦げた物の除去や、煤清掃など丁寧に細かく作業して取り除くことが一番大切です。

しかし、煤は非常に粒子が細かく軽いため、部屋全体に広がることから。清掃が必要な範囲がとても広い傾向にあります。

そのため、火災現場の清掃作業は、専門業者にお願いするのが一般的です。

火災ゴミの処分の仕方(神奈川県の場合)

火災後に最初にする事としては、罹災証明書を管轄の消防署または市町村に申請します。

申請することにより、一般ごみの減免措置や支援、建物や家財などの保険の申し込み手続きをすることができます。

【罹災証明書とは】
→自然災害による住家(居住のために使用している建物)の被害の程度を証明するものです。 住家の被害の程度は「全壊」「大規模半壊」「中規模半壊」「半壊」「準半壊」「準半壊に至らない(一部損壊)」の6区分で判定されます。


例えば、神奈川県横浜市の場合、火災一般廃棄物の処理費用は減免措置によって、一般廃棄物処理手数料が1キロあたり大幅に免除になります。(横浜市廃棄物処理施設に自ら搬入する場合)

火災現場の清掃作業

ケレン清掃作業

ケレンとは、塗装前の施工面に溜まった汚れ・錆びなどを落とす(下地調整)作業のことです。

火災で傷んでる部分に対し、材質に合わせて金属ベラやワイヤーブラシを使用し除去作業を行います。

この時、施工がきちんと行えていないと、臭気が残る原因にも繋がるため丁寧に施工致します

                                                                               

スス清掃作業


ケレン作業後、大きな木材や破片を片付けた後は、建物の上部から煤を清掃していきます。

その際、集塵機やダスター刷毛などを使い、煤が舞ってしまわないように気を付けながら清掃します。

また、材質に応じた薬剤を使用しながら、同じように上部から順番に薬剤拭きで綺麗に清掃していきます。

ススの防臭処理

防臭効果のある薬剤を塗り付ける特殊コーティングを行い、煤の臭いを塞いでいきます。

煤の消臭方法としては、清掃をしてニオイの元を無くす、コーティングを行い臭いを塞ぐの2パターンです。

もちろん、状況に応じて、複合的に行うこともしばしばあります。

火事現場の清掃に大小はありません

ラスティック東京営業所は、火災現場の清掃、消臭が得意な企業です。

簡易的なスス清掃や消臭作業~大規模火災現場まで幅広くお受けしております。

弊社には火災復旧最先端であるアメリカにて研修を受け、国際資格を取得しているスタッフも在籍しております。

【IICRC認定資格】
Fire and Smoke Restoration Technology (火災復旧)

対応エリア

ラスティック東京営業所は関東・中部圏を中心に対応しております
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県、群馬県、静岡県、山梨県、長野県、愛知県、岐阜県、三重県など。

対応エリア外でもお気軽にご相談ください

お問い合わせ・無料お見積りはこちら

ラスティックは特殊清掃の専門会社です

上部へスクロール