特殊清掃のラスティック東日本 HOME » 神奈川県でカビ業者の選び方にお悩みの方へ


「お部屋のカビに悩んでいませんか?」

湿気の多い環境や急激な気温変化は、家の中に隠れたカビの温床となります。

健康に悪影響を及ぼす可能性もあるため、早めの対策が必要です。

しかし、カビ清掃の依頼をする頻度はそう多くないため、業者選びで迷っている方も多いことでしょう。

この記事では、カビの基礎知識から業者の選び方のポイントについて解説します。

業者選びで迷っている方にとって、かなりヒントになる記事となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

カビの基礎知識


カビには、お部屋で発生するものからやパンが腐敗した時に発生するものなど様々な種類が存在します。

現在の時点で、約10万種類いるといわれており、今後は20万種類に増える予測もされています。

中には有害はカビも存在し、私たちの健康を脅かすものも存在します。

ちなみに、私たちよく目にするお部屋に繁殖してしまうカビが、いわゆる「黒カビ」と呼ばれるものです。

カビには「胞子」が存在し、胞子からカビ菌をまき散らすことにより、増殖していきます。

その増殖スピードは、環境によって大きく左右され、カビにとって最適な環境は下記の通りであるとされています。

特にお部屋では、お風呂場、キッチン、窓枠回り、エアコン、地下室などに生えやすいとされています。

空気中に散布された胞子を吸い込むことにより、咳やくしゃみ、鼻水などの症状が現れることがあります。

また、ひどい場合には、アレルギー症状を発症してしまい、鼻炎や喘息、気管支炎、中には呼吸困難を起こしてしまう場合もあります。

カビには独特の臭いがあります。

感じ方は人それぞれですが、一般的には土や木が腐ったときのような臭いと表現されます。

臭いによる不快感でお部屋の居心地が大きく変わってしますので、特に賃貸物件を管理されている方は要注意です。

世の中にはカビを栄養源としている生物も存在します。

その代表格がダニです。

ダニもカビ同様に、呼吸器系の疾患やアレルギー症状をもたらすので要注意です。

カビ汚れの範囲や密度、臭いの強さなどは、ご依頼者様ごと変わってきます。

これらの情報は、現地行き、直接確かめないとわからないものです。

よく、写真や文字情報だけでお見積を作成される企業様もおられますが、正確ではないため注意してください。

カビ清掃には、専門の薬剤や機材を使用しながら行います。

それぞれの作業内容にどんな意味があり、どれだけの費用が発生するのかなど詳細に書かれている業者をおすすめします。

カビ清掃には専門の資格を持っていないとでいない作業もあります。

そのため、資格の有無により、できる作業内容やクオリティは大きく変わってきます。

作業を依頼する過程で、言葉のキャッチボールは最重要になります。

清掃業者の中には職人気質な方も多く、専門的な固有名詞を使ったりこだわりのやり方を貫かれる方もいます。

わからないことや要望はその都度聞き、逆に必要ない作業もしっかりと伝えるようにしましょう。

家の中のモノを壊されたり、作業内容が思っているものと違ったりなど、中にはトラブルが起こることもあります。

契約書がきっちりしていないと、責任の所在が不明確になり、結果的に泣き寝入りせざるを得なくなることもあります。

そのため、契約内容がしっかりしてるかの確認を行い、分からないことは必ず質問しましょう。

株式会社ラスティック東京営業所は、孤独死や自殺後の特殊清掃、遺品整理、災害現場復旧、消臭・除菌、ヤニ消臭、カビ清掃など幅広いお悩みを解決する企業です。

お客様のご希望にお応えすべく、最新機材の購入や、専門資格の取得、薬剤の調達などを通し、様々な「汚れ」に対して日々研究しております。

カビもそのうちの一つです。

カビといっても、お風呂場のカビ、玄関のカビ、天井のカビなど場所によって施工方法や薬剤の配分が変わってきます。

これらのお悩みに1つでも当てはまりましたら、ぜひ弊社にご相談ください。

電話、チャット、オンライン面談など幅広いコンタクト方法をご用意しております。

弊社の詳細については、下記リンクをクリックしていただくと閲覧することができます。

株式会社ラスティック 東京営業所について

・株式会社ラスティック 本社について

今回は、神奈川県でカビ業者の選び方でお悩みの方に向けて記事を作成しました。

カビは放置しておくと、見た目だけでなく、臭いや健康にも被害を及ぼします。

そのため、カビを見つけたら放置せず、早急な対応を行うことをおすすめします。

今回の記事が少しでもご参考いただけましたら幸いです。

上部へスクロール