特殊清掃のラスティック東日本 HOME » 神奈川県茅ヶ崎市・火災清掃,消臭作業

神奈川県茅ヶ崎市・火災清掃,消臭作業

新築施工中の火災清掃・消臭をお考えの業者様

1,火災後に煤清掃はどこに頼んでよいのか?

火災後の煤清掃は、現場ごとに状況が違いますので

現場経験のある業者に依頼するのが一番です。

最近では、ホームページのブログなどに現場の状況など

簡単に検索できますので、火災状況を確認しまして

作業方法等、確認するといいでしょう。

ラステック東日本のブログもご確認ください。

2,どのような作業をしてくれるのか?

弊社では、お客様から電話頂きましたら

最初に罹災証明書の申請確認をします。申請していない場合には罹災証明書を

消防本部に申請してもらいます。次に現場の状況を確認致しまして

お客様とヒアリングしながら見積もりいたします。

火災現場の被害状況で、作業方法と金額は変わります。

弊社では見積もりは無料で致しますので、お気軽にご連絡ください。

3,臭いを無くすことが出来るのか?

臭気を無くすためには、臭いの原因を全て取り除く作業が必要になります。

室内の燃えた物の処分、煤や焦げた所の解体作業、解体ゴミの処分

煤清掃作業、洗浄作業、コーティング処理、オゾン燻蒸、換気など

お客様に見積もり時に相談しながら、ヒアリングをして作業方法を決めますので

消臭作業もお任せください。

ラスティック消臭作業

施工前状況

建設業者様より御連絡をいただきまして

現場に到着しました。現場は入り口から、焦げた火災臭気が充満していました。

建物の外観は綺麗でしたが、内部はで汚れていました。

建設現場の監督様からのご依頼内容は

現場は解体しますので、スケルトンにした後に消臭してほしいとの事でした。

お客様からのヒヤリングをもとに、見積書を作成させていただきました。

解体後の状況

それから、2週間後に現場に入りましたが

解体前より少し臭気は下がりましたが、まだ煤臭が漂っていました。

解体作業はまだ終わっていませんでしたが

現場が急いでいることもあり

2階上部から作業することに致しました。

2階の状況は、解体作業完了、火災産廃ゴミの処分も終わっている

状態になっていました。

そこで、今回の施工では、薬剤洗浄、高圧洗浄から進めることにしました。

薬剤による煤洗浄

煤汚れがひどかった所は、薬剤を多めに使用し、洗浄しました。

煤専用薬剤を使用することで、煤が薬剤で溶けて流れてきます。

酷い汚れは、臭気の原因になりますので

煤汚れは、ウエスを使用しまして拭き取り作業しました。

高圧洗浄による煤除去作業

薬剤洗浄後には、高圧洗浄機を使用しまして

天井部から下へと、順番に丁寧に洗浄していきました。

床下に溜った煤水は、残ると臭気の原因になりますので

洗浄機と同時作業で、バキューム処理をしながら

汚れた水は全て吸い取ります。

コーティング処理

火事臭の原因を無くすために、洗浄後に残った焦げた部分で

汚れが取り切れなかった場所には

活性炭配合の特殊な消臭効果のある、コーティング材を使用しまして

煤臭気の原因をコーティングにより塞ぎこみします。

オゾンガスによるダイオキシンと臭気の分解作業

室内の煤洗浄、コーティング作業が完了しましたら

タイガーオゾン発生機と送風機を使用することにより

強力な風量と大量のオゾンガスにより発生するエネルギーによる

酸化分解によってダイオキシン、臭気を破壊することにより消臭されます。

ダイオキシンの人体への危険性

ダイオキシンは大気中にも存在していますが

濃度が高くなりますと毒性が強くなり、体内に蓄積されます。

しかもダイオキシンは長期にわたり体内に残りますので

体の免疫機能やホルモンに障害を与えて、毒性もあり大変危険な物質です。

火災現場では、室内にプラスティック、その他の建材が

燃焼時に250度~400度の不完全燃焼時に、ダイオキシンは発生しますので

目には見えなくとも、室内にダイオキシンが残ることは健康被害に繋がります。

したがって、オゾンガスによる消臭とダイオキシンの分解作業は特に大切です。

煤清掃、高圧洗浄、コーティング処理、オゾン燻蒸作業が完了しました。

建設会社様が解体作業をしてくれたことによりまして

臭気も消えまして、完全消臭で作業完了致しました。

ラスティック東日本 対応エリア

対応エリア

ラスティック東日本では、東京・神奈川・埼玉、静岡、東海地方全域に対応しております

対応エリア外でもお気軽にご相談ください